若い年代の脱毛

ヒゲ脱毛

皆さんこんにちは(^^♪梅雨入りしたところもあり、だんだんジメジメした季節になってきましたね。。。今日は暑いな~と思っていても、室内に入ると冷房で寒い等、寒暖差も感じやすくなってきて体調を崩しやすくなるので、体調管理気をつけましょうね!さて今回は年齢とメンズ脱毛についてです。大人だけではなく未成年の方も脱毛に興味をもってくれてきているみたいなので今回のテーマにしてみました(^^)さっそくみていきましょう!

①何歳からできる?

メンズ脱毛といえば、ヒゲ脱毛がパッと浮かぶほど成熟した男性のものというイメージが持たれがちですが、最近の脱毛を始める年齢はどんどん若くなっています。脱毛自体がメジャーになり始めた時代に脱毛を始めた方が親世代になり、子供に対しての脱毛に対するハードルが低くなったことも関係していると思います。女の子の脱毛では小学生から始める家庭もあるほど、どんどん脱毛も低年齢化しています。いったい何歳からできるの?と思いますよね。

答えはズバリ何歳からでもできます!小学生からでも中学生でも、脱毛を始めることはできます。気になり始めたら始めることができるのです。しかし早くから始めたから全てにおいて良い、というわけではないのです。。必ずメリット・デメリットというのが出てくるので、自分で始めるにしろ、親として子供に…と考えている方もしっかり考えてから脱毛スタートしましょう!

②中学生・高校生から始めるメリット

【見た目が気になる時期にポジティブに過ごせる】

中学・高校の思春期ど真ん中は、色々なことに多感であったり、傷つきやすかったりします。そしてその時の体験したことや経験というのは大人になってからもトラウマとして残ったり、自己の人格を成形するとても大事な時期です。また経験が浅い為、どんなことを言ったら他人が傷つくか、不快かを考えて行動することも難しく、不用意に人を傷つけてしまうこともあります。思春期には身体の変化がともないますので、他人と違う変化が起きていくことに対して恥ずかしさや不安も感じます。

ホルモン分泌量によって個人の差が出てきますが、他の人よりも早く身体が変化を始めた子供たちは、大人に近づけて嬉しい!というよりも、恥ずかしい!という気持ちのほうが大きいのです。そういう時期に、例えば人よりもヒゲが濃く、周りから「おっさんみたい!」といわれてしまうと、とても傷つき恥ずかしく、きちんと知識のない自己処理を始めてしまいます。そのまま処理を続けるとヒゲはどんどん濃くなり悪循環になります。もしそういったことで悩んでいる子がきちんと脱毛施術を受けると、自分の身体の変化に対して周りから何かを言われるかもしれないという不安がなくなり、安心感がうまれます。

学生生活には、部活・体育の授業・修学旅行など不本意ながら他人の前で肌を出さなければならないタイミングが数多くあります。先生や親はそんなの気にするなと言っても、これは本人の問題ですので、嫌なものは嫌なのです。保護者からしても、身体の変化に対する不安から、子供が心からイベントやスポーツを楽しめなかったらせつないですよね。自分の時代はそういうのがなかった・そういうのを乗り越えて大人になるんだ!というのはもう時代遅れの考えです。

悩みがつきない思春期の時期に1つでも悩みごとがなくなると、この時期のメンタル環境がとても良くなります。10代のうちから自分なんて…と思って生きてしまうと、歳を重ねるともっと自分に自信が持てなくなってしまうので、この大事な時期にどうポジティブに過ごすかがとっても大事です。その手助けの1つとして脱毛があるのです。

【ニキビ等の肌トラブルの改善】

学生のうちから脱毛することによって肌トラブルの改善につながります。若いうちにニキビをつぶしてしまったり、ダメージを沢山受けてしまった肌は、大人になってから改善しようとするとかなり根気のいるものになります。”ヒゲが生えてきて恥ずかしいからカミソリで剃ろう”と思って自己処理すると、その一瞬は表面的にキレイになり、何とかその場しのぎにはなりますが、この時の間違った自己処理によってせっかくのキレイな肌にかなりのダメージを与えてしまいます。

毛抜きで毛を抜いた場合は、しっかり毛が抜けてスッキリした感覚になりますが、痛みとともに毛穴も広がりますし、むりやり広げた毛穴に細菌が入り、炎症をおこす可能性が高くなります。毛穴が広がり続けると皆が嫌がるポツポツ毛穴と呼ばれる状態になります。カミソリを使った場合、毛だけではなく肌の表面の角質層も削るため、肌の水分量の調整ができなくなり乾燥しやすくなります。肌の表面が乾燥すると、保護しようとどんどん油分で補おうとし、その油分がニキビ菌のエサになります。ニキビがある状態でカミソリを使うとニキビの部分が炎症をおこし出血したりして、お肌が大炎上状態になります。このような自己処理による肌トラブル・肌荒れというのは、まだキレイなはずの10代の肌にとって、とってももったいない問題なのです。

脱毛を受けることにより、自己処理をして肌にダメージを与える回数を減らしていくと、きちんと角質層も整っていき、肌トラブルの芽をつむことができます。ボロボロになった肌を若返らせることはできませんが、キレイな10代の肌を30代になっても保つというのは可能なので、学生さんで肌トラブルに悩んでいるかたは脱毛をしてみるというのも肌ケアの1つに考えてもいいと思います。

【学割など、お得に施術を受けれる】

脱毛の低年齢化に伴い、様々なサロンで若い学生さんでも脱毛が受けやすいように学割が利用できたり、学生専用のコースがあったりします。学生証を提示するだけで割引が利用できるなど、気軽に脱毛を試してみることができます。学割プランなどは学生のうちだけ適用期間になりますので、社会人になってすぐ等何年かしか変わらないのに利用できなくなります。適用期間が終わってしまう前にぜひ試してみてくださいね(^^♪

●●ふ~も!の学割●●

※年齢制限なし

※初回1回¥1,100→¥550

気軽に試してみることができますので、ぜひお友達と一緒に体験してみてくださいね(^^)

【時間とお金の節約】

若いうちから脱毛を始めると、トータル的に考えて時間とお金の節約になります。20歳から始めたとしても、60歳まで自己処理を続けると考えると早く始めたほうがかなりの節約になるのです。毎日のお手入れにかける時間がたったの5分だったとしても、毎月カミソリ代などで1000円だったとしても、長い目でみればちりつもなのです。例としてあげてみますね。

●時間の節約●

20歳~60歳まで  5分×365日×40年=1216時間

●お金の節約●

20歳~60歳まで  1000円×12ヶ月×40年=48万円

40年間自己処理でヒゲの処理をしたとすると、これだけの時間とお金がかかります。これが5分で終わらなければもっと時間はかかりますし、シェービング代・自己処理による肌荒れの治療代など+αがでてくるともっとお金がかかるようになります。お金と時間の使い方は自分次第なので、よく考えて脱毛を検討してみてくださいね(^^)

【白髪には反応しない】

光脱毛の場合、黒い毛のメラニン色素にレーザーを照射させて脱毛するので、白くなってしまった毛・いわゆる白髪にはレーザーが反応せず脱毛することができません。一般的に白髪が生え始める平均年齢は男性では34歳、女性でも35歳となっています。学生の皆さん、まだまだ先じゃんwと思っているでしょうが、あっっ・・・という間に皆この歳になります。そして生え始めてからやっておけば良かったと思うのです。また上記の年齢はあくまで平均ですので、人によっては20代のうちから生えてくる人もいます。まだまだ毛が黒いうちに、白くなってから後悔しないように脱毛を検討してみてくださいね。

③中学生・高校生から始めるデメリット

【肌荒れでは受けれない可能性がある】

脱毛を施術する際に、スタッフの判断で施術を受けれない場合があります。思春期の肌はホルモンバランスによって荒れやすい状態にありますので、あまりに肌荒れがひどい場合は断られてしまいます。レーザー照射によって肌荒れが悪化したり、かゆみや赤みが生じる可能性があるからです。肌状態が落ち着いてから施術を行うことになります。

また、あまりにひどい日焼け肌も、レーザーを照射することはできません。部活で絶対焼けてしまう…という方は、シーズンオフの秋から冬にかけて脱毛プランを考えましょう。

【20代半ば~30代で再び濃くなる可能性】

一般的にホルモンバランスが安定してくるのは14歳以降からといわれており、このくらいの年齢から体毛が生えそろってきます。毛量がピークになるのは20~30代といわれていて、10代のうちになくしたはずなのにまた生えてきてしまった、と感じることもあります。しかし脱毛によって毛が濃くなったのではなく、10代のうちになくした毛は一部だったということです。10代では全ての毛がはえそろっていないのです。新しく生えてきた毛をまた脱毛するので、脱毛にかける時間が人より多く感じてしまうかもしれません。

④始めるのに1番良い年代

中学生・高校生から脱毛を始めるデメリットを考慮すると、深刻な毛量で悩んでいる方以外は20代半ばから脱毛をスタートするのがベストといえます。

メンズ脱毛をしている人口の約7割は20代から脱毛をスタートしています。全体の4割以上は20代前半で始めています。社会人になって自分で稼いだお金を自由に美容に使うことができるので、この年代から始める人が多いようです。

また、ホルモンバランスによる毛量のピークがくるのが20代からなので、自分のヒゲが生えそろって毛量のピークが落ち着いてから脱毛を始めると、脱毛にかける時間やお金も少なくなります。

20代は白髪の心配もなく、経済的にもホルモン的にも安定してくる年代なので脱毛をスタートするのに1番適している年代といえると思います。

⑤まとめ

いかがでしたでしょうか?(^^)今の40代50代が20代の時はメンズ脱毛が一般的じゃなかったので、親世代の方からすればまだ子供のくせに脱毛なんて早い!と思ってしまうのもしょうがないと思います。メンズ脱毛を未成年が受ける場合、カウンセリングの時点から(契約前)保護者同伴できますので、心配・不安なことはスタッフにどんどん聞いてくださいね。

学生で脱毛を考えている方は、メリット・デメリットをよく考えて保護者の方に協力してもらって、1度しかない学生生活を楽しく過ごせるようにしてくださいね(^^)

10代だから・20代だから・若いからといった型枠なしに、脱毛することによって皆さんの不安やコンプレックスが少しでも軽減して生活していければいいなと思います(^^♪

左矢印のアイコン一覧にもどる
スクロールアイコン
横浜店LINE予約 札幌店LINE予約
横浜店に電話する 札幌店に電話する